高等学校・中学校でのオリーブオイルセミナーの様子

こんにちは。

先日、東京都内にあります、女子美術大学付属高等学校・中学校にて、オリーブオイルセミナーをいたしました。

普段は、大人向けのセミナーが多いので、久しぶりの学生さん向けセミナーでした。

まずは導入で簡単にイタリアという国のお話をして、プロジェクターの映像を見ながらイタリア文化会館の役割についてお話しました。

その後、本題に入ります。
最初は、地中海地域において、オリーブがいかに古くから、かつ重要な作物であったか、ということを感じていただくため、歴史のお話をしました。
1253225.jpg

ローマのテスタッチョという地区には、古代ローマ時代にワインやオリーブオイルをいれていたアンフォラという陶器のつぼのかけらでできた丘がある、という話などは「へぇー」という声があがりました。

オリーブオイルに関する旅の映像をながしながら授業をすすめました。
12161280.jpg

そしてお待ちかねのオリーブオイルテイスティング。
12102610.jpg

今回は、シチリア、トスカーナ、ガルダ湖、と南部、中部、北部と特徴のある3つのエキストラバージンオリーブオイルをご紹介。
加えて、スーパーで買うことのできる残念な味わいのオリーブオイルもテイスティングしていただくと、生徒さんからは「全然違う!」との声。やはり若い方は、敏感で繊細な感覚をお持ちです。

美味しいオリーブオイルはパンにつけていただきました。
12114876.jpg

映像を見ながら、オリーブオイルの収穫から搾油についてもご説明しました。
搾油の動画の最後、緑に輝くオリーブオイルが出てくるところには、歓声があがりました。
オリーブオイルがどう作られるか知っていただくことはとても大切なことだと改めて思いました。
12105321.jpg

学校の先生方のご協力もあり、とてもスムーズに授業を行うことができましたこと深く感謝し、このような食育の機会をいただいたこと、有難く思っています。
生徒の皆さんもとても聡明でしっかりされていて、熱心に授業に耳を傾けてくださったこと印象的でした。

今後も生徒・児童向けのセミナーも行っていきたいと思います。

コメント