エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

新潟イタリア協会会報誌の連載を古いものから少しずつ転載いたします。

********************************

はじめまして、こんにちは。オリーブオイルソムリエの森山陽子と申します。オリーブオイルのセミナー講師をしながら、イタリア各州のオリーブオイル農園を訪ね、オリーブオイルとそれにまつわる食文化、魅力的な人々を日本の皆さんにお伝えする活動をしております。どうぞ宜しくお願いいたします。

第一回目となる今回は、私とオリーブオイルの出会いをお話したいと思います。

=トスカーナのブリケッラ農園=

2009年、食や健康にかかわるお仕事に就きたいと思い、そのベース作りのために、私の理想の一つであるスローフード、スローライフの国、イタリアへの留学を決意しました。行先として選んだ街は、トスカーナ州のシエナ。信頼するイタリア語の先生の強い勧めだったのですが、これが大正解でした。

北はキャンティ、南はオルチャ渓谷にかこまれ、中世時代はフィレンツェと栄華を競ったシエナは、食文化の水準は高く、ワインやチーズ、サラミにパスタ、たくさんのおいしい食材との出会いがありました。その中でも驚いたのがオリーブオイルでした。

それまで日本にいてもサラダ油は使っておらず、オリーブオイル派でしたが、イタリアのフレッシュなエキストラバージンオリーブオイルの味わいは全く別物!まさにオリーブのジュース。

さらに幸運なことに、語学学校のクラスにワイナリーで働いているYさんが入学してきたのです。Yさんの働くワイナリーではオリーブオイルも作っており、プレゼントしてくれたその一本のオリーブオイルが私のゆく道を決めたのでした。この翌年にオリーブオイルソムリエの資格をとったのです。
ブリケッラ農園。トスカーナ州リヴォルノ県にあるその農園はシエナから100㎞ほど離れた、ティレニア海にほど近いスヴェレートの村の郊外にありました。
海辺には、夏のリゾート地、ナポレオンが追放されたことでも有名なエルバ島への船も出る港街ピオンビーノがあり、エトルリア人の遺構なども残っている風光明媚な地です。
農園のオーナーはなんと日本人の宮川秀之さん。宮川さんは1960年にオートバイで世界一周の旅に出て、イタリアで運命の女性マリーザさんと出会い、後に結婚。1992年にブリケッラ農園の理念に共感、移住し、99年にこの農園のオーナーとなりました。

農園の理念のひとつが、自然の恵みと環境を大切に、農生産で家族の生活をまかない、周りにもその恵みを分かち合えるようにする、というもの。
ですから、ブリケッラ農園では、早くから有機無農薬栽培はもちろんのこと、太陽光パネルも導入されて自然エネルギーも活用されていました。

ステファノさんが畑の管理責任者。初めて握手をしたときに、その手の厚さに感動したことを覚えています。またオリーブの剪定や収穫ついて語る声の温かさはまさに彼の情熱だと思いました。

総面積42ヘクタールのうち、ブドウ畑が17ヘクタール、オリーブ畑が10ヘクタール、もちろんそのワインのクオリティー素晴らしく、数々の受賞歴もあります。またブリケッラ農園では、アグリツーリズモも展開されていて、農園に宿泊することも可能です。ぜひ訪ねてみてください。

オーガニックのブドウ畑とオリーブ畑が広がる景色

Societa Agricola Bulichella s.r.l
Localita Bulichella 131, 57028
Suvereto(LI)

エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

オリーブオイルは地中海料理のいわば、お出汁であり調味料。

食材にかけて楽しんでいただきたい。オリーブオイルの味わいは食材とともに感じてほしい。

そんな思いから、かけて楽しむ、語らって楽しむオリーブオイルセミナー、”あぶらぼ”という新しい試みを始めました。

2018年3月6日南青山のドメニカドーロ、2018年3月7日広尾のアンティキサポーリにてセミナーを開催しました。

@南青山 ドメニカドーロのご報告から。

まずは良質なエキストラバージンオリーブオイル5種を確認。
お豆腐とパンにかけながら、またはスプーンで直接味わいながら、確かめていきます。

そして、間髪入れずに、お料理。
オリーブオイルとのマリアージュを考えながら、味わいながら楽しみます。

まずはドメニカドーロさん、スペチャリテの自家製ハムの盛合せ。
こんなにたくさんの種類のお肉料理を味わえる場所、日本にはなかなか無いと思います。
イタリア料理の肉文化の奥深さを感じることができます。

新玉ねぎのグラタンスープ。この甘みにどのオリーブオイルをチョイスして合わせるか…考えるのも楽しい。生ハムのスパゲティ 。生ハムも岩本シェフのお手製30ヶ月熟成です。仔羊のバスク風。ストロング系のオリーブオイルをかけて素材とのハーモニーを感じてみます。

 

5種類並べてみると色も香りも全く違うのが、オリーブオイルの面白さです♡岩本シェフからお料理の説明をいただきました。

ご参加者と一緒に記念撮影♡ ご参加ありがとうございました!本日のメニュー

ご紹介したオリーブオイル。イタリア4種にスペイン5種。
右から、リグーリア州のタジャスカ種ARS OLEA
トスカーナ州、ブレンドのオリーブオイルBardi
ラツィオ州、イトラーナ種(近年コンテストでも多くの賞を取る品種です)のQuattrociocchi
シチリア州、トンダイブレア種のPolifemo
スペイン トレドのCasitas De Hualdo

農園の皆様、インポーターの皆様にも深く御礼を申し上げます。

@広尾 アンティキサポーリ

ご紹介したのは5種のイタリアのオリーブオイル国際女性デーの前日とあって、お店からミモザのお花の嬉しいサプライズプレゼント!

パンはプーリア特産の焦がし小麦のフォカッチャ♡

プーリア料理は前菜の豊かさで知られます。

この日もさまざまな前菜を楽しむことができました。

まずはナスとスカモルツァのスフォルマート。

 

パンのお粥のようなパンコット。オリーブオイルをかけていただくのが流儀です。プーリア名物、ストラチャテッラ。驚くほどクリーミーでオリーブオイルがよく合います

 

こちらもプーリア特産のカポコッロというハムに野菜のマリネを添えて

お米とアーティチョーク、ジャガイモのティエッラ

プーリアのパスタと言えば一番に思い浮かぶ、オレキエッテ♡ チーマディラーパという苦みのある葉野菜のソースとともに。

馬肉のフィレとサルシッチャのグリル。
こんなにやわらかな馬肉は初めて!

 

思いやりあふれるサービスと、詳しいご説明をありがとうございました。

 

ドルチェはカッサータとイチジクのムース

 

ミモザの花と共に、記念撮影♡
ご参加ありがとうございました!

 

ご参加者のお一人、写真家の#Aska Tokizawaさんにとって戴いたセミナー中の講師

ごさn

エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

夜明け前に空港へ。今年もまたオリーブ巡礼の旅が始まります。今年はスペインの農園も訪ねる予定でとてもワクワクしています!これまでもスペインの農園は訪ねていますが、収穫、搾油の時期は外れていたのです。日本でオリーブオイルセミナーをするのは来年3月くらいになりそうですが、皆様においしいオリーブオイルとためになる耳寄り情報、楽しい旅のお話ができるよう、各地を歩き回ってきたいと思います♡ #オリーブ旅 #オリーブオイルソムリエ #オリーブオイル #オリーブオイルセミナー #オリーブ農園

via Facebook http://ift.tt/2geZLQd

エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

お友達がお子さんの体調を考えて、タンパク質や糖質などをコントロールした食生活をしているというのを拝見して、すごく偉いなと思いました。 <b/>私がイタリアでの食のセミナーで見聞きしたことを元にすると、今後、グルテンアレルギーなどにならないように、と考えていらっしゃる方は、古代小麦のパスタやパンを摂るように心がけるとよいと思います。<p/> 現在、世界中で広く使われているマントバ種などの現代種の小麦は大量収穫できるように、またパスタやパンを作りやすいようにグルテンを多く含むように品種改良されているそうです。 <p/>イタリアは小麦生産国であり、輸入国でもあります。イタリアのいわゆる大手メーカーのパスタは輸入の小麦を使っているところもあるので、できれば小さな生産者で古代小麦を使っているパスタを選ぶなどもひとつだと思います。 <p/>古代小麦は現代種と比べて、グルテンは少なめで、一方、ミネラルなどは多く含まれています。 <p/>またアメリカの田舎街には個人のパン屋さんなどないので(笑)、スーパーでパンを買うのですが、多くのパンの原材料を見ると小麦粉の他にさらにグルテンが添加されています。そういうところも気をつけてもよいかもしれません。 <p/>写真は、マルケ州の高原でセナトーリカペッリという小麦でパスタを作っている女性、Aliceのパスタ、Regina dei Sibillini。小麦の味がしっかりとしてとても美味しいパスタです。 セナトーリカペッリは、プーリア州などで広く栽培されてきた品種ですが、成長すると背丈が150cmくらいになって収穫などが大変なので、一時期、敬遠されたのですが、今、古代小麦が見直され、多くのひとが作り始めています。<p/> #イタリア家庭料理 #オリーブオイルセミナー #オリーブオイルソムリエ #古代小麦 #reginadeisibillini #pasta

via Facebook http://ift.tt/2znY4YV

エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

またまたファーマーズマーケットへ。今回はオクラ、カブ、ナス、トマト2種、カイワレダイコン、そして牛乳をget! 牛乳は酪農家さんが手渡してくれるときに、「上の部分がクリーム状になるから、かき混ぜて使ってね」と。味が濃厚でコーヒーに入れるととても美味♡ </p>#アメリカ田舎暮らし #ファーマーズマーケット #farmersmarket

via Facebook http://ift.tt/2xMLmT9

エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

私がイタリアで作っているフォカッチャのレシピです。
生イーストを使うのですが、ドライイーストだったら、2/5の量が目安になるみたいです。生イーストは富澤商店で売っていると思います。小麦粉は日本だったら、薄力粉と強力粉を半々くらいに混ぜるとよいのかもしれません。
400ccのぬるま湯をボウルに入れ、25gの生イーストを溶かします。小さじ1の砂糖、50ccのオリーブオイルを加えます。小麦粉500gを少しずつ入れ、混ぜます。塩を小さじ1加え、さらによく混ぜます。生地の表面がピカピカ輝く感じになるまで、よ〜く練りこんでいきます。生地をまるめて、ボウルにラップをかけて、1時間半〜2時間くらい発酵させます。温度などにもよりますが、生地が倍くらい以上になるようにしています。
オリーブオイルをぬったオーブンの天板に適度な厚みを持って生地を広げて、さらに30分、発酵させます。そして、表面に粗塩、ローズマリー、オリーブオイルを適量かけます。
予め温めておいた220℃のオーブンで20分くらい(オーブンの性格にもよるので焼き加減は調節してね)焼いて出来上がり。
#オリーブオイルレシピ #イタリア家庭料理 #オリーブオイルソムリエ #フォカッチャ

via Facebook http://ift.tt/2wpjumx

エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

Fantastic olive oil!! アメリカの田舎でこんなおいしいオリーブオイルに出会えるとは!ミッション種のオリーブオイル。手のひらで温めると青いトマトの香り。口の中にはアーティチョークのようなしっかりとした苦み。 Stuarto’s Olive Oil Companyは私の予想以上でした。 7年前からこのビジネスを始めたという彼ら。世界の良質なオリーブオイルを輸入販売しています。この街に店舗を構えたのは4年前、これでケンタッキー州には3店舗、今後テネシー州に6店舗展開したいと言っていました。ただこの街のこの店舗についてはなかなか難しいとのこと。Whole Foodsがないような街だから…。 アメリカでもオリーブオイルがポピュラーになってきていますが、まだまだこのような田舎街では、その良さが理解されるには、時間も啓蒙も必要でしょう。 う〜ん、私が何かできることがあるかもしれない! オリーブオイルとの出会いはいつも面白い♡ #oliveoil #olioextraverginedioliva #オリーブオイル #オリーブオイルソムリエ #オリーブオイルセミナー #アメリカ田舎暮らし

via Instagram http://ift.tt/2hyunzZ

エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

アメリカの田舎での暮らしもやっと落ち着いてきました。オリーブオイル、イタリアの農園に関する情報などにプラスして、アメリカのライフスタイルなどについてもつれづれにupしていきます。よろしくお願いいたします。 早速ファーマーズマーケットでgetしたお野菜をつけあわせに、馴染みになった?お肉やさんのリブロースをステーキに。お肉はステーキパンで焼きやすいように薄く切ってくれました。私は薄い肉を好むお客さんとして認識されているに違いない…(笑)ファーマーズマーケットで買ったカブをソテーしてみたら、すごくおいしい♡ お野菜を売っていた若いママさんに、アメリカではカブはどうやって食べるの?と聞くと、煮ることが多いけど、彼女はハチミツやバルサミコと”ミソ”で味付けするのが好きなんですって。多分、彼女はオーガニックやベジタリアンフードなどに関心があるからだと思うけど、お味噌も浸透し始めているのかな? <br><br>#アメリカ田舎暮らし #オリーブオイルソムリエ #farmersmarket

via Facebook http://ift.tt/2xANZsS

エキストラヴァージンオリーブオイルで美しい毎日を!

イタリア旅、今回はミラノ、リナーテ空港に到着後、ボローニャ近郊のレストラン、Ponterosso へ。

こちらのレストランは、フルート奏者のDanteさんのお友達のMassimo さんのお店。


エミリアロマーニャの伝統を踏まえた上で、独創的なお料理をプロデュースしています。

ボローニャ名物のトルテッリーニもストロベリーのソースにカカオをまぶしながらいただきます。


お隣のリゾットはメロン


リコッタの詰まったトルテローニは、バナナとゴルゴンゾーラに、芥子の実とアーモンドがアクセント。

前菜は、洋ナシとほうれん草。


ダンテさんの美しいフルートの音色も楽しむことができて、ステキなディナーでした。